基本/簿記

勘定科目

意味

  • 取引が資産・負債・資本・収益・費用の五つのグループ内から細分化した項目の名称。
    簿記の計算単位となる。

勘定のグループ

勘定は取引を記録するための区分。下記の五つのグループが基本となる。

  1. 資産
    企業が所有するプラスの財産。現金、商品、売掛金等
  2. 負債(他人資本)
    企業が所有するマイナスの財産。借入金、未払金、買掛金等
  3. 資本(自己資本)
    企業の資産総額から負債総額を差し引いた後の正味の財産。株主から提供された資本等
  4. 収益
    利益を生む要因。売上等
  5. 費用
    収益の獲得に必要とした要因。必要経費。仕入高、給料、通信費、交通費、消耗品費、支払家賃、交際費、原価償却費等

よく使う勘定科目

  • 通信費
    例:「電話料金」※銀行口座引落しの場合
    借方科目 貸方科目 適用
    通信費  普通預金 電話料金
  • 消耗品費
    例:「蛍光灯」※現金払いの場合
    借方科目 貸方科目 適用
    消耗品費 現金   蛍光灯
  • 売掛金
    例:月末締翌月支払の売上
    □当月末時点での仕訳
    借方科目 貸方科目 適用
    売掛金  売上高  ○○○
    □翌月末時点での仕訳
    借方科目 貸方科目 適用
    普通預金 売掛金  ○○○

[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
OpenPress オープンプレス|無料のプレスリリース投稿
気になるIT用語辞典 気になる現在・時事用語


Last-modified: 2008-01-04 (金) 13:04:08 (4340d)


Copyright © WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社